洗顔でくすみ解消

くすみ解消は、原因に合わせたケアをするのが一番効果的です。 でも、どんな原因で肌がくすんでいたとしても、ケアの基本となるのは洗顔です。 せっかくくすみケアをしても、間違った洗顔をしていると、くすみを解消することはできません。 正しい洗顔と原因に合わせたケアをすることで、くすみを解消できるんですね。

まず洗顔をする水の温度ですが、36度から37度ぐらいの人肌のぬるま湯を使いましょう。 熱いお湯で洗顔をすると、肌のバリア機能の役割をもっている皮脂を洗い流してしまいます。 すると乾燥肌になってしまうので、いくら洗顔をして汚れや角質を落としても肌がくすんでしまいます。

逆に、冷たいお水だと、毛穴が引き締まってしまうので、毛穴の汚れを落とすことができません。 それに、肌も硬くなってしまうので、古い角質も落とせなくなるため、肌にくすみは解消できないんですね。 ですから、人肌の温度で洗顔することが大事なんです。

洗顔フォームや洗顔石けんは、必ずよく泡立てて、きめ細かく弾力のある泡を作りましょう。 こうすることで、肌にダメージを与えることなく洗顔できますし、角質や汚れも泡にからまって綺麗に落とすことができます。 また、泡がきめ細かいと毛穴に入って、中に汚れを吸着してくれます。 毛穴の奥から綺麗にすることで、くすみ解消にも繋がります。 ただし、洗顔料の中には泡立ちにくいものも多く、またいくら泡立ててもきめが細かくないものも多いんです。 ですから、洗顔でくすみ解消するには、洗顔料もしっかり選ぶことがポイントになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事