二十年ほいっぷでくすみ解消

くすみには2つの種類があって、皮脂膜と角質層によってくすみが生み出されています。 皮脂膜のくすみは、皮膚の表面についている汚れによってできるくすみです。 角質層のくすみは、肌の乾燥によって角質層が厚くなり、その厚みで肌の透明感が失われるくすみです。 ただ、皮脂膜の汚れを落とそうとすると、肌をバリアしてくれる皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になり角質層のくすみが出てしまいます。

だけど、洗浄力がない洗顔料では、皮脂膜の汚れを落とすことができないので、結局くすみが残ってしまいます。 今の洗顔料は、そこそこ皮脂膜の汚れと角質が落ちる程度の洗浄力になっているんですね。 だから、毎日洗顔をしていても、肌はどんどんくすんでしまうんです。

二十年ほいっぷは、皮脂膜の汚れを落としながらも肌の乾燥を防いでくれるので、くすみ知らずの肌になれるんです。 その秘密は、極小の弾力泡。 気泡がとても小さいので潰れにくいため、汚れを絡めとったまま離しません。

また、吸着面がたくさんあるので、たくさんの量の汚れを落とすことができるんです。 さらに肌の肌理にまで入り込むので、どんなに小さい汚れも残さず吸着して洗い流すことができるのですね。 もちろん、泡ですから肌にダメージを与えないので、乾燥することもありません。 それに、表面の汚れだけをしっかり取って、必要な皮脂は残して洗えるから、角質層によるくすみも防げます。 一度二十年ホイップで洗顔すれば、顔のくすみがいっぺんに取れて、肌の色がワントーンアップします。 これだけくすみ解消効果が目に見える洗顔料は、二十年ホイップだけでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事