乾燥肌対策の化粧水

乾燥肌を改善するためには、洗顔後、一番最初にお肌につける化粧水が鍵を握っています。 化粧水の役割は、ずばり肌の水分補給ですが、化粧水のクォリティーが低いと充分に水分を補給することはできません。 また、ただ単に水分ばかりが入っていても、お肌には浸透していきません。 いくら顔を洗っても、水に顔をつけても、肌は水分を吸収しないのですから、化粧水で水分だけを補給してもなんの意味もないんですね。

では、乾燥肌対策のためにはどんなものが必要なのか。 それは保湿成分がたっぷり入っているということです。 化粧水は水分補給、保湿は乳液と思っている方も多いのではないでしょうか。

これは間違いではありませんが、化粧水にも保湿成分が入っていないと、補給しているそばから蒸発してしまいます。 だから、水分補給と同時に、肌が水分をため込める状態にしてあげなくてはいけないんですね。 そのためには、化粧水に保湿成分が入っていることが重要になるんです。

ただ、肌質によっては、保湿成分が入った化粧水だと肌がべたついたりするので、アルコール入りの化粧水を使っている方もいると思います。 アルコールが入っていれば、確かに仕上がりはさっぱりしますが、これは肌に有効成分が浸透したからではありません。 アルコールはすぐに蒸発するので、仕上がりがさっぱりするんですが、その代わり肌の水分も奪われて乾燥してしまいます。 ですから、乾燥肌対策のための化粧水を選ぶなら、保湿成分がしっかり入ったしっとりタイプなどを選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事