敏感肌のエイジングケア

エイジングケアというのは、「新陳代謝のサイクルを正常化させる」「肌細胞の生成を積極的に促す」「肌の酸化防止」などのケアを行うことです。 年齢とともに、新陳代謝は低下しますし、肌細胞の生成も減っていきますし、肌は酸化してしまいます。 これらに対してのケアをしないと、肌はどんどん老化していってしまうんですね。

ただ、エイジングケアは栄養や有効成分を与えるのがメインのケアになるので、敏感肌の方だと肌の状態が不安定になる可能性があります。 本来なら、たっぷり睡眠をとって、規則正しい食事とバランス良く栄養を摂れば、身体の中からエイジングケアができます。 でも、残念ながら生活習慣をすべて規則正しくするというのは現実的ではありません。 エイジングケアをするなら、やはり基礎化粧品に頼るしかないんですね。

今は、種類は少ないものの、敏感肌の方のためのエイジングケア化粧品があります。 敏感肌用のエイジングケア化粧品は、もちろん無添加で、肌に負担をかけないオイルなどを使っています。 また、バリア機能が強化されているものが多く、外部の刺激から守りながらエイジングケアができます。

他にも、バリア機能が低下して揺らぎやすくなっているお肌の状態を改善してくれる成分。 肌理が荒くて浸透しづらい肌でも、しっかり美容成分が浸透するように働きかける成分なども配合しているものもあります。 こういったエイジングケア化粧品なら、敏感肌の方でもしっかりエイジングケアできて、若々しい素肌になれるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事