肌のザラつき解消

ニキビでも発疹でもない、でも肌がざらざらしたりぶつぶつができたりしてしまう。 こういった症状を肌のザラつきと言いますが、肌がざらついてしまう原因は、主に紫外線や乾燥など外部からのダメージです。 紫外線や乾燥によって、肌の保湿力が低下してしまい、肌が乾燥してしまうんですね。

肌が乾燥すると、肌の表面にある古い角質が剥がれ落ちなくなるので、ザラザラします。 また、乾燥肌になると、肌は皮脂を過剰に分泌し始めます。 肌の状態によってはこれがニキビになることもありますが、小さなブツブツになってしまうこともあるんです。

肌のザラつきを解消するには、洗顔と保湿がポイントになります。 洗顔をする前に大事なのが、蒸しタオルなど蒸気が出るもので、肌を温めて角質を柔らかくすることです。 蒸しタオルが面倒な方はお湯に浸したタオルでもかまいません。水道からお湯が出るタイプであればタオルを浸して、絞って顔に当てるだけでもOKです。ざらついたお肌は角質が硬くなっているため、そのまま洗顔しても落とすことができません。 角質を柔らかくすれば洗顔で落とせるので、肌を傷めることなく角質ケアできます。

そして、洗顔をした後は、すぐにローションで保湿しましょう。 普通のローションではなく、特に保湿力をアップさせてくれる、セラミドやヒアルロン酸、レチノールなどが配合されているのがおすすめです。
わたしは、ルナメアを使っています。


CMでもおなじみのアスタリフトの後継シリーズで、肌のざらつきが気になる方や角質ケアをしたい方の定番になっている商品です。

ルナメアのお試しセットはこちらから手に入ります。

ただローションをつけるだけではなく、顔全体をコットンパックするとさらに効果が高くなります。 パックをすると、保湿成分が浸透しやすくなるので、肌のザラつき解消に効果的です。 角質が落ちて、保湿力がアップすれば、肌がざらつくこともなく、すべすべの手触りにすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事