肌のくすみ解消

肌のくすみは、その言葉通り「肌がくすんだ状態」のことを指しています。 ただ、症状は人によって違って、肌が黒っぽくなる人もいれば、ツヤがなくなったり、肌に陰影がつくようになったりといろいろです。 肌のくすみ解消には、まずはその原因から突き止めなければいけません。 と言っても、肌のくすみの原因と言うのは、大きく分けると2つになります。

一つは、肌のターンオーバーの乱れなどで、角質が肌に残ってしまって、表皮が新しい肌細胞と入れ替わらないからです。 古い角質がいつまでも紫外線や外気のホコリなどにさらされていると、当然劣化して色がくすんでいきます。 また、角質がどんどん厚くなると、肌の肌理が乱れてくるので透明感がなくなります。

角質が残る原因は、ターンオーバーの乱れだけではなく、乾燥なども関係しています。 乾燥すると皮膚に柔軟性がなくなって、角質が綺麗に剥がれ落ちないんですね。 また、肌が乾燥するということは、肌の内部の水分が足りなくなっているのですから、当然みずみずしさがなくなりくすんでしまいます。

もう一つの原因は、紫外線によるメラニン色素の生成です。 太陽をずっと浴びていると、メラニン色素が大量に生成されて日焼けをします。 こんがりと小麦色になればくすみはあまり目立ちませんが、そこまで日焼けをしない場合には単純に肌が黒ずみます。 肌が黒ずんでしまえば、当然お肌には透明感がなくなり、全体的にくすんだような肌になってしまうんですね。 他にも、血行不良や栄養不足なども肌のくすみの原因になるので、きちんと解消するために、しっかり原因を把握しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事