美白化粧品

美白化粧品というのは、基本的にメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすができるのを防ぐ医薬部外品です。 つまり、定義としては、シミやそばかすができる前に使うものなので、できてしまったシミやそばかすに関しての効果をうたっているものではありません。 美白化粧品の効果をうたうには、厚生省が認めた美白有効成分が配合されてなくてはいけません。

厚生省が認めている美白有効成分はいろいろありますが、代表的なのは、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ルシノールになります。 こういった成分は、美白化粧品の成分として一度は見かけたことがあると思います。 他にも10種類以上の美白有効成分が認められていますが、とにかくいずれかの成分が配合されていないと、「美白化粧品」とうたえないんですね。 これらの美白有効成分は、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の過剰蓄積を抑える働きがあります。 メラニンを生成する元となる、チロシナーゼと言う酵素に対し、間接的、または直接働きかけるので、メラニンを作らせません。

ただ、最近は、すでにできてしまったシミやそばかすを改善できる美白コスメというのも発売されています。 メラニンを排出したり、薄くする効果がある成分が配合されているので、シミやそばかすに効果を発揮してくれます。

代表的な成分としては、医薬品として皮膚科などで処方されるハイドロキノン、アミノ酸の一種を成分化したエナジーシグナルAMP。 甘草から抽出されるグラブリジンなどは、シミを薄くしたり、メラニンの還元作用があります。 つまり、自分がどんな美白効果を求めているかによって、美白化粧品を選ぶことが大切なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事